トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » インプラントとは?

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラントは失われてしまった歯根の代わりに、顎の骨へ人工(チタン製)の歯根を埋め込む治療法です。その土台の上に人工の歯を装着することで、自然の歯と変わらないかみ心地を実現します。インプラント治療には、以下のような特徴があります。

残っている健康な歯に負担をかけることなく、自分の歯と変わらない感じでしっかり噛むことができます。
顎の骨にも力が伝わるため、骨の変形も少なくなります。
見た目も自分の歯と見分けがつかないくらい自然に仕上がります。
義歯の場合でも、しっかりと固定されるため、すべりやずれがありません。
外したりすることなく、自分の歯と同じように歯磨きできるので、お手入れが簡単です。
歯を失ったことによる、さまざまな制限や不快感から開放されるので、自信や積極性が回復されます。

インプラント治療について
インプラント治療のメリット
インプラント治療のデメリット
インプラント治療の歴史とは?

 

インプラント治療について

インプラント治療について入れ歯のように取り外す必要がなく、ブリッジとは違い単独で治療することができるインプラント。

見た目が自然の歯と変わらないことも人気を集めている理由のひとつです。また、インプラントは歯の一部を修復するのではなく、代わりの歯を根本から回復する治療法ですので、1本からすべての歯まで対応することができる治療法です。

ただし、人工物ですので虫歯にはなりませんが、お手入れやメインテナンスが不十分な場合、歯周病のような状態になることもあります。しっかりとしたケアが、インプラントのトラブルを防ぎ、寿命をのばすことになりますので、定期的なチェックとメインテナンスが重要になります。
 

インプラント治療のメリット

1.残っている周囲の組織を健全に保てる
インプラント治療のメリット歯列や噛み合わせの力のバランスが崩れると、次々と歯が失われていくことがしばしばみられます。失った歯を補うことで、失った機能と形態を回復しながら、この力の調和を取り戻し、現在残っている歯、残っている顎の骨を守っていくことができるのです。

(1)歯を補うことによって残っている歯をどれだけの犠牲にするのでしょうか?
ブリッジを選択した場合、支えとなる歯が健康な歯であっても、削らなければならず、2次的な虫歯や歯髄炎、歯周炎などを起こす危険性が高まります。また、入れ歯を選んだ場合でも、入れ歯を支える歯には負担がかかり、虫歯や歯周病を引き起こす可能性があります。

(2)残存歯、顎堤、粘膜にどれだけの負担をかけるのでしょうか?
組織は適度な負荷に対しては補強の方向に、過度あるいは無荷重では吸収する性質をもっています。歯を補う場合にその負担が適正でなければ、残存歯の根が折れたり、ぐらぐらと動揺したり、顎骨が吸収するといった危険があります。

また、歯は上の歯と下の歯、隣同士の歯が接触することによって、その位置を保っています。1本の歯が無くなってしまうと、それに接触していた歯は、次の相手を求めて延びてきたり、傾いてきたりして噛み合わせが崩れてきます。そして、次々と歯が失われていくことがあります。

(1)(2)に関して、インプラントは残存歯には何ら犠牲や負担増をかけずに、欠損部の顎堤に新たなる支持と維持を求めるものなので、その点で優れています。また、成功したインプラントならば、顎の骨は吸収されずに保たれ、隣の歯や噛み合わさる歯の保全にも充分な役割を果たします。

(3)歯を補うことによって、力や微生物のコントロールが可能でしょうか?
噛み合わせの力の負担には、顎骨による支持、歯と歯槽骨の間にある線維による支持、粘膜による支持があります。この3つは圧力がかかった時のひずみの量が違うため、これらをいかにコントロールするかが、問題となります。

ひずみの量の異なるものが同じあごに混在する場合、ひずみの量の少ないもの(つまり、インプラントに)に力が集中しやすくなります。このような場合、力学的に管理のしやすい設計を立てることが重要です。

インプラントは、ブリッジや入れ歯に比べて、より天然歯に近いので、微生物学的コントロールがしやすいといえますが、充分なメインテナンスと自己管理が行われなければ、骨の吸収等、インプラントの除去を余儀なくされる可能性もあることも頭に入れておかなければなりません。

2.咀嚼、発音、感覚機能などの機能の回復する
歯を失うことによって、咀嚼、発音、感覚機能は低下します。歯を補うことによってその機能を回復させることができます。

・咀嚼機能(食べ物を噛む機能)
咀嚼機能の指標として咬合力(噛む力)を比較すると、インプラントは天然歯とほぼ同程度ですが、入れ歯では、はるかに低く(1/4~1/3)なります。

・発音・感覚機能
入れ歯では、非生理的な環境になり、歯より動揺するため、まず、環境に慣れ、使いこなさなければなりません。

上顎では、飲み込む動作や発音に重要な部分を入れ歯の安定や維持のために、覆わなければならないことがあり、下顎でも、安定のために粘膜面を入れ歯で覆うことにより、舌の運動を制限します。このように、入れ歯を安定させ、咀嚼機能を回復するためには、それ以外の機能を犠牲にしているわけです。インプラントでは、基本的には失った部分のみを回復し、かつ充分な維持があるため、このような犠牲は強いられません。

3.見た目が美しい
インプラントでは、より天然歯に近い審美性を回復することができます。最近では、より審美性を考慮にいれた形態のものが開発され、高い審美性を得ることができます。

一方、審美性を優先して、力学的なバランスを失うことが問題となりますが、近年、積極的に骨を誘導したり、骨移植や結合組織移植などの外科的方法で、組織の改善が行われるようになり、力学的バランスを保ちながら、審美的なインプラントの埋入が可能になってきました。

4.心理面でもプラスになる
失った歯を補うことにより、前述した機能や審美性が回復され、より快適な生活が送ることができるので、心理面でもプラスになります。

しかし、若い人にとって、入れ歯はかなりの心理的な抵抗や異物感があり受け入れられず、作っても使用しない場合が多くみられます。この点、インプラントは異物感が少なく、機能的にも審美的にも優れているため、心理面で有利といえます。

一方、痛み等がでた場合、インプラントは自分ではどうすることもできませんが、入れ歯の場合では患者さん自身が取り外すことによって痛みから解放されるという利点もあります。つまり、入れ歯の最終的な受け入れは患者さん自身が決めることができるということがいえます。(受け入れられなければ、歯は補えないのですが・・・)

インプラントはより安全で確かなものに急速に発展してきています。しかし、インプラントが身近なものになったとはいえ、口腔内で機能的に調和し、その状態を長期間維持することは、簡単なことではありません。

歯を失わないことがまず大切なのであり、失ってしまった場合の1つの選択としてインプラントがあり、歯科医師、患者さんの両者が、インプラントの長所、短所、一連の処置における条件や注意事項を充分にふまえた上で、治療が開始されるべきだと考えています。
 

インプラントのデメリットとは?

「噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

<インプラントのデメリット>
1.外科手術が必要
インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。さらに、通常よりも精度の高いかぶせ物や上質の材料が必要となります。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。

2.治療期間が長い
治療期間が他の治療に比べて長くかかります。治療期間は最短でおおよそ4か月から半年ほどで、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす手術もおこなう場合などでは、1年以上になることがあります。

3.誰でも治療できるわけではない
誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。
 

インプラント治療の歴史とは?

インプラント治療が開始され、約40年の歳月が経過し、世界各国で、臨床応用され、それと同時にさまざまな研究がされてきました。そうしたなかで、インプラント治療に対する考え方は、大きく変化してきています。

1970年代、米国ではインプラントは、可撤性義歯(いわゆる入れ歯)が嫌な患者さんや天然歯(自分の歯)との連結した補綴物の補助的維持の手段として、ブレードタイプのインプラントや骨膜下インプラントが行われていました。当時は、インプラントと骨組織は結合しておらず、一層の軟組織が介在した状態で、わずかな動揺は許容されており、5年もてば成功、といわれていました。

一方、スウェーデンでは、1965年頃より、純チタン製の骨結合型スクリュータイプのインプラント(Branemark)が使用されており、米国よりも、厳しい基準で、高い成功率を収めていました。しかし、いずれも、非日常的治療であり、機能性と清掃性が優先され、審美性は考慮されておりませんでした。

1980年代に入ると、インプラント表面への直接的骨接触がインプラント成功の有効な要因と考えられるようになり、チタン製、シリンダー型のインプラントが主流となりました。この流れは現在まで、引き継がれていますが、当時はまだ、インプラント埋入部位に充分な骨があることが、絶対条件でした。

1990年代には、バリア膜を用いた骨造成(GBR)やサイナスリフト(上顎洞底を挙上するための骨移植)が有効な手段となり、充分な骨のない場所におけるインプラント治療が、急速に進歩しました。その後、審美性を考慮にいれたインプラントのニーズが高まり、適切な軟組織の管理やインプラント自体の開発(サイズ、形態、アバットメントシステム)がされるようになりました。このようにして、審美的インプラント治療の適用が広がり、天然歯に匹敵する審美性が追及されるようになりました。

このような流れのなかで、現在では、患者さんの満足度(QOLの向上)と根拠に基づいたインプラント治療(EBM)がテーマとなっており、治療時間を短縮する(QOLを考慮して)早期負荷システムや即時負荷のトライアルも行われています。まだ、長期の臨床成績の報告はありませんが、短期では良好な臨床成績が報告されています。

インプラント治療はこの40年の間に、非日常的で特殊な治療から、日常的なさまざまな治療のひとつとなり、われわれは、それぞれの患者さんの満足度を常に頭におき、それぞれの患者さんが、健康で、安心して過ごすことのできる口腔環境を作るための治療を選択していくことが、求められています。

さまざまな患者さんのニーズに答え、それぞれに満足のいく質の高い治療を行うためには、各専門分野(予防、歯周、歯内、補綴、口腔外科、矯正など)を総合した、多くの治療手段を持っていることが、必要であり、インプラントもその治療手段の一つであるのです。

関連ページリンク

当院が選ばれる8つの理由
治療期間も短縮可能/PRGFセカンドオピニオンあなたに合ったインプラントを
リカバリ(再治療)についてインプラントとは?他の治療方法との違い
治療の流れ症例患者さんの声仲間の先生からの言葉
料金表医療費控除についてよくあるご質問

院長紹介・経歴
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラントに関するセカンドオピニオン無料

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » インプラントとは?


コールバック予約