トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 他の治療方法との違い

インプラントと他の治療との違い

インプラントと他の治療との違い

従来、抜けた歯を補う方法にはブリッジや入れ歯が用いられてきました。インプラントをご検討の方に向けて、ここではインプラントとブリッジや入れ歯との違いを、表にまとめさせていただきます。ぜひご参考になさってください。

「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い
「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」比較表

 

「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い

インプラント
インプラントブリッジと比べて、両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、入れ歯と比較した場合、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要もないので残っている健康の歯が長持ちします。噛むチカラが強く、見た目も天然の歯と遜色ありません。

部分入れ歯
部分入れ歯両隣の健康な歯をほとんど削らずに済みます。とはいえ、バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、硬いものが噛めなくなるといったデメリットがあります。

また、異物感が強いうえ、見た目も悪く、ものが挟まって痛い、入れ歯が合わなくて痛いなどのデメリットがあります。

ブリッジ
ブリッジ部分入れ歯に比べると安定しており、噛む力も回復するため自分の歯に近い噛み心地があります。

とはいえ、ブリッジを支える両隣の歯を大幅に削る必要があります。また、噛み合せたとき両隣の歯に負担がかかるため、さらに歯を失っていく原因になります。

 

「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」比較表

インプラント ブリッジ 入れ歯
欠損した歯の周囲の健康を削ることなく治療できる。 欠損した歯の周囲の健康な歯を削らなければならない。
周囲の歯や粘膜に負担をかけない。 欠損周囲の歯が健康でなければ、できない。
支える歯に負担がかかる。
入れ歯を支える歯や粘膜に負担がかかる。
失った歯の数だけ植立することができ、多数歯失っていても、咀嚼能力を回復することができる。 多数歯の喪失の場合できないことがある。 咀嚼機能は天然歯の1/3
歯を失った部分の骨の吸収を抑制できる。長期間、安定した状態を保てる。 入れ歯を支える骨が吸収しやすいので、つくりかえや調整が必要である。
天然歯と同様の審美性と機能が期待できる。 清掃性が悪くなるため、歯周病虫歯になりやすい。 入れ歯を支える歯は清掃性が悪く、負担もかかるため、喪失しやすい。
審美性を損ねる。
違和感がない。 装着時の違和感がある。
手術を必要とし、治療期間が長い
保険の適用とならないため、費用がかかる。 審美的な治療では保険外となり費用がかかる。 審美的、機能的に保険外の物もある。
定期的なメインテナンスが必要 定期的なメインテナンスが必要 定期的なメインテナンスが必要

関連ページリンク

当院が選ばれる8つの理由
治療期間も短縮可能/PRGFセカンドオピニオンあなたに合ったインプラントを
リカバリ(再治療)についてインプラントとは?他の治療方法との違い
治療の流れ症例患者さんの声仲間の先生からの言葉
料金表医療費控除についてよくあるご質問

院長紹介・経歴
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラントに関するセカンドオピニオン無料

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 他の治療方法との違い


コールバック予約