トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 治療の流れ

インプラント治療の流れ (2回法)

1. 予約
インプラント治療の流れお電話にて、初診の診療予約をお願いします。
下へ

2. カウンセリング
インプラント治療の流れ安全で安心できる診療を行うために、初診時に患者さんの症状、健康状態についてお聞きします。歯に関するお悩み、ご要望をお聞かせください。
下へ

3. 検査
治療の流れ口腔内診査、CT検査、レントゲン検査、歯周病の検査、噛み合わせの検査模型作成、生活習慣のチェックなどを行うことで、患者さんの口腔内状態を把握、分析させていただきます。
下へ

4. 問題点のリストアップと報告
検査結果を報告させていただきながら、口腔内カメラ等を利用して、リストアップされた問題点について、詳しく説明させていただきます。インプラント治療に入る前に必要な治療がある場合には、患者さんのご要望をお聞きしながら、これからの治療方針を検討していきます。
下へ

5. 治療計画の立案
この時点では、失われた歯の数、場所、インプラントを埋め込む骨の状態などにより、さまざまな選択肢があります。歯にかかる力や強さや方向、衛生管理、患者さんの体調、スケジュールなどを含め、綿密に検討した上で治療方針を立てさせていただきます。治療方針について、患者さんと話し合いながら、治療計画を決定していきます。
下へ

6. インプラント治療についての説明
インプラントの前治療が終了したら、いよいよインプラント治療に移ります。
インプラント手術についてご説明し、手術前の注意事項をお話します。喫煙されている方は、手術2週間前から禁煙していただきますのでご注意ください。 
下へ

7. インプラント埋入(1次手術)
インプラント埋入インプラント専用オペ室にて、インプラント手術を行います。
まず歯肉を開き、顎の骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成。
しっかりと固定できるように、顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を閉じます。
手術終了後、術後の注意事項などを説明いたします。

手術前の注意事項について詳しく知る
手術後の注意事項について詳しく知る

下へ

8. 術後の消毒、抜糸
手術から約1週間後に来院していただき、術後の経過を調べます。その後、緩んでいる糸から抜糸を開始し、約2週間で抜糸が終了します。
下へ

9. 治癒期間
インプラントを埋入した後、インプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)が得られるのを待ちます。通常3ヶ月~6ヶ月で、この期間中は仮の義歯を使用することができます。
下へ

10. アバットメント装着(2次手術)
アバットメント装着インプラントの安静期間が過ぎて、骨と生着したことを確認できましたら、2次手術と呼ばれる歯肉の整形手術へ移ります。歯肉を開き、人工の歯を取り付けるための部品(アバットメント)を連結し、歯肉から露出させ、歯肉の形を整えていきます。インプラントに装着する人工歯がスムーズな外形をもって歯肉から萌出しているようにみせるための処置です。
下へ

11. 治癒期間
口の中の型をとり、患者さんにあった仮歯を作製します。仮歯で噛み合わせを調整し、この状態で歯肉が治るまで1~6週間ほど待ちます。
下へ

12. 人工歯の作製・装着
歯肉の形態が整った時点で型をとり、色や形を患者さんに合わせて作製します。人工歯をインプラントに装着することで治療は完了です。
治癒期間治癒期間
下へ

13. メインテナンスと定期検診
インプラント治療の流れインプラントも他の歯と同様に、口腔内を衛生的に保つことが重要です。適切なブラッシング方法を指導させていただきます。3ヶ月~6ヶ月程度に1回の定期検診を行い、インプラントや人工歯、噛み合わせを確認します。

※ここでは2回の手術を必要とする"2回法"の流れをご紹介しました。"2回法"の他にも、1回の手術で済む"1回法"、数時間から数日で人工の歯を装着できる"即時負荷"などの治療法もあります。患者さんの口内の状態により手術法も変わってきますので、詳しくはカウンセリングの際にご相談ください。

手術後に大切なこと

緻密な仮歯調整
仮歯インプラントの手術後に入れる仮歯は、ただ単に最終的な歯が入るまで審美性を保つためのものではありません。手術後の周囲軟組織(歯肉)の治癒や安定化を図り、上部構造の周囲の軟組織を予定する形態に誘導することにより、隣り合った歯や歯肉とのバランスを整え、より健康で審美的な歯肉をつくります。歯の形態を検討し調整していくことにより、審美的な歯の形態を作ります。仮歯を日常で使いながら、噛み合わせや顎の位置の微調整を行い、機能的な噛み合わせを作ります。

充分な噛み合わせの調整
インプラントと天然歯の違いは、歯根膜という組織の有無です。歯根膜は歯と歯槽骨の間にある線維組織でクッションのような役割をします。

つまり、天然歯は歯根膜があるため、噛むと動きますが、インプラントはほとんど動きません。したがって、(前述のインプラントの臨床的意義でも触れたように)インプラントと天然歯がある場合、どちらも同じように噛み合わせを調整してしまうと、患者さんが強い力で噛み締めた時、インプラントのみに過重負担がかかり、骨の吸収や上部構造の破損、対合歯(インプラントと噛み合わさる歯)のトラブルなどをまねきます。このため、充分な噛み合わせの調整が重要になります。

メインテナンス
インプラント治療の成功は長期に渡りその状態を維持することです。インプラントをできるだけ良い状態で長持ちさせるためには、いくつかの大切な条件があります。

・日常のブラッシング
適切なブラッシングができず、インプラント周囲に汚れが付着してしまったり、粘膜が傷ついたりするとご自分の歯と同様に感染し、炎症を起こしてインプラントがゆらいだり、抜け落ちてしまうことがあります。周囲の歯の炎症によって、インプラントに影響がでることもありますので、適切なブラッシングが重要です。

・生活習慣
喫煙、歯ぎしりや噛み締め、くいしばりなど、習慣や癖がインプラントに悪影響を及ぼすことがあります。術前に確認された方は、事前に治療や指導を行ってコントロールしていきますが、術後にもこのチェックが必要です。必要に応じて、ナイトガードを使用することがあります。

・噛み合わせ
人工歯の装着時にも、充分な調整を行いますが、色々な状況で変化する場合がありますので、定期的なチェックと調整が必要です。噛み合わせの力は、想像以上に大きく、へんな力がインプラントにかかっていると、骨が吸収したり、上部構造が破損する場合があります。

このようなことを、チェックし、再確認、再指導をしていくために、3ヶ月~6ヶ月に1度のメインテナンスが必要です。

関連ページリンク

当院が選ばれる8つの理由
治療期間も短縮可能/PRGFセカンドオピニオンあなたに合ったインプラントを
リカバリ(再治療)についてインプラントとは?他の治療方法との違い
治療の流れ症例患者さんの声仲間の先生からの言葉
料金表医療費控除についてよくあるご質問

院長紹介・経歴
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラントに関するセカンドオピニオン無料

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 治療の流れ


コールバック予約