トップへ » 当院が選ばれる8つの理由

当院が選ばれる8つの理由

当院が選ばれる8つの理由

「インプラント治療を受けたいけれど、どの医院を選べばいいのか分からない」。そんな悩みを持つ患者さんは数多くいらっしゃいます。そんなとき、クリニック選びの指標となるのが、「実績」「設備」「費用」などです。

このページでは、当センターのインプラント治療の特徴についてご紹介します。ぜひあなたのインプラント選びのご参考にしてみてください。

質の高いインプラント治療のために。年間200症例以上は治療しません
【専門医・指導医・臨床客員教授】インプラントのエキスパート
治療期間を約40%短縮できるPRGF System
他院で「骨が少ない」とインプラント治療を断られた方もご相談を
CTを活用した安全なインプラント治療
クリーンなオペ室で安心できる手術を
術後も安心な5年間の保証期間
より安全な手術を実現するピエゾトーム2

 

質の高いインプラント治療のために。年間200症例以上は治療しません

質の高いインプラント治療のために1年365日。1日24時間。限られた時間の中で、質の高いインプラント治療を行うためには、充分な時間が必要になります。一人ひとりの患者さんと向き合いながら診療し、その患者さんにあった治療を行うことが重要になるからです。そのため、塚原デンタルクリニックでは、年間200症例以上は治療しない方針をとっています。


時には、一人の患者さんに対して、1時間ほどのコンサルテーションを3回ほど行うこともあります。CTで患者さんの口の中の状態を詳しく分析して、歯周病や噛み合わせを考慮した上、インプラント治療を行おうとすれば、緻密な準備が必要になるからです。

また当院では、すべてのインプラント治療を院長が直接診断・治療を行っています。それが、インプラント治療を受ける患者さんに対する責任だと考えているからです。あえて症例数を制限することにより、妥協のない、患者さんにとってベストな治療を提供することができるのです。


当院のインプラント実績
2009年
症例数 90症例
症例数 経過不良インプラント数(本) 成功率
上顎 38 2(再手術後経過良好) 98%→100%
下顎 52 1(再手術予定) 99%
合計 90 3 99%

2010年
症例数 88症例
症例数 経過不良インプラント数(本) 成功率
上顎 40 1(再手術予定) 99%
下顎 48 1(再手術予定) 99%
合計 88 2 99%

2004年~2008年(5年間)
症例数 571症例
症例数 経過不良インプラント数(本) 成功率
上顎 241 2(再手術後経過良好) 99%→100%
下顎 330 1(再手術後経過良好) 99%→100%
合計 571 3(再手術後経過良好) 99%→100%

*他院で院長が行った出張手術も含んでおります。
*経過不良症例は骨移植や組織再生療法後に再度インプラント埋入を行い、経過良好になっております。またそれらの治療法を予定している場合もあります。

当院では、院長が責任を持ってインプラントの埋入を行っております。また、他院からの紹介の難症例が多いため、埋入本数は多くありませんが、症例ごとに慎重な診査をし、綿密な治療計画をたて、十分な手術時間を設けてインプラント手術を行い、最終的なかぶせ物まで一貫して治療を行っております。

 

【専門医・指導医・臨床客員教授】インプラントのエキスパート

口腔外科の専門医・指導医である院長当院の院長・塚原 宏泰は、日本口腔外科学会より専門医・指導医として認定されています。また、口腔外科(こうくうげか)指導医をもつことが条件となっている日本顎顔面インプラント学会/指導医、東京医科歯科大学/顎口腔外科分野/臨床客員教授でもあります。口腔外科とは、歯だけでなく、口の中のすべての組織(歯や歯ぐきだけでなく、舌、頬の粘膜、舌の付け根、顎)や、口の中に生じた病気を専門に診断、治療する診療科のことを指します。

歯だけでなく、顎の骨などに対しても外科手術をするインプラント治療は、全身の健康状態が治療後にも大きく影響を与える治療法です。そのため、患者さんの現在の健康状態を知るための内科的な知識と、インプラントを埋入する外科的な技術の両方が必要とされる専門的な治療となります。

口の中だけではなく、全身の内科的知識・外科的技術の習得が必須となるインプラント治療は、口腔外科で修練したドクターが行うことが理想的であると私たちは考えています。
 

治療期間を約40%短縮できるPRGF System

PRGFPRGF(Plasma Rich in Growth Factor)とは、昨今、注目を集めている組織再生療法のひとつ。歯周組織(歯槽骨、歯肉など歯を支える組織)や骨を改善することができる治療法です。患者さんの血液から、各種増殖因子(成長因子)を取り出し、治療する部分に用いるため、安全に治療を受けられることがメリットと言えます。

このPRGFシステムをインプラント治療に用いることで、骨組織などの成長を促し、傷の治りが早くなることが期待できます。結果として、インプラントと骨が早期に結合されるため、治療期間が約40%短縮できる画期的な治療法です。

当院院長はPRGF System 日本協会理事であり、ドクターへのPRGFセミナーなどを開催するPRFG治療のエキスパート。一日も早く、インプラント治療を終えたい患者さんは、ぜひ当院へご来院ください。

PRGFについて詳しく知る
 

他院で「骨が少ないから」とインプラント治療を断られた方もご相談を

他院で「骨が少ないから」とインプラント治療を断られた方もご相談をインプラントを埋め込みたい骨の部分に充分な厚みや高さがなければ、インプラント治療を行うことはできません。ですが、「顎の骨が少ないので、インプラント治療は難しいですね」と他院で断られた人でも、インプラント治療を受けられる方法があります。

では、もともと歯が生えていた場所に、なぜ歯の替わりとなるインプラントを埋め込めないのでしょうか。それは、顎の骨がやせてしまうことに原因があります。歯が抜けてしまうと、顎骨への刺激が減ってしまうために、だんだん顎の骨が薄くなっていってしまうのです。そのため、歯が抜けてしまった場合には、早急な治療をすることが大切になってきます。

顎の骨がやせてしまい、充分な厚みや高さがない場合でも、患者さん自身の骨や骨補填材を移植することにより、骨をインプラントの埋入を可能にする治療法があります。たとえば、その治療法のひとつが上顎洞底挙上術(サイナスリフト)と呼ばれるもの。上顎の骨の上部にある空洞に自分自身の骨や骨補填材などを移植して骨を増やすことにより、インプラント治療を受けることができようになります。

他院でインプラント治療を断られた方も、ぜひ一度、当院にご相談ください。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)
サイナスリフト
歯槽骨の薄い部分の上顎洞底の粘膜を挙上してスペースをつくり、そこに自分自身の骨や骨補填材を填入します。
サイナスリフト
骨の増生と安定が得られるまで、約6ヶ月~9ヶ月待った後、インプラントの埋入を行います。
サイナスリフト
 

CTを活用した安全なインプラント治療

CTCTを完備していることも、当院がインプラント治療を検討されている患者さんに支持されている理由のひとつです。CTとはComputed Tomographyの略で、コンピュータによって人体の断面写真を撮影し、身体の組織を詳細に解析することができる医療用診断機器のこと。人間ドックなどでCT検査を実際に受けられた方もいらっしゃるかと思います。

歯科用のCTは照射量が医科用CTと比べて非常に少ないことが最大の利点です。照射量は通常歯科で使用される小さなレントゲン2枚程度です。医科用CTの1/30〜1/100程度で安全性は実証されています。

以前の主流であったレントゲン写真は、2次元であるため、正確に顎の下にある神経や血管を確認することができませんでした。そのため、インプラント治療で神経や血管を傷つけてしまうというリスクもあったのです。それに対して、事前にCT撮影を行うことで、レントゲン写真などではわからなかった顎の骨や口の中の状態を詳しく知ることができます。

CT撮影により、可能な限り患者さんのリスクを減らしていくこと。それは、歯科医師として、当然の義務であると当院は考えています。

院内について詳しく知る
 

クリーンなオペ室で安心できる手術を

クリーンなオペ室で安心できる手術をインプラントも外科手術ですので、感染症などにかかるリスクのない、クリーンな環境でオペをすることがとても重要になります。当院では、日本の歯科クリニックではほとんどオペ室がなかった15年前から、オペ室を完備した治療を行ってきました。

当院のインプラントオペ室は、他の空間からは完全に隔離し、オペ室内では通常の数万分の一のレベルまで無菌化することにより、クリーンな環境での治療を実現しています。

インプラントオペ室があることは、手術を行うドクターにとってもメリットがあります。手元が非常に明るく、専門の機材がすぐに取り出せる環境の中で、より精密で安全な治療を行えるのです。オペ室のようにクリーンな環境で、リラックスしてインプラント手術を受けられることを、医院を選ぶ基準にされている患者さんも多いようです。

院内について詳しく知る
 

術後も安心な5年間の保証期間

術後も安心な5年間の保証期間「年間200症例以上は治療しない」という言葉が示すように、当院では、患者さん一人ひとりが安心していただける治療を心がけています。じっくりとお話をお聞きしながら、患者さんと向き合いながら、ベストな治療を行っていくことはもちろん、術後も安心していただけるように5年間の保証期間を定めています。

もし万が一、インプラントを通常の条件で使用される中で、破損・脱落・不適合などが生じてしまった場合、術後5年間、無料で再治療を行わせていただきます。この保証は、患者さんに定期検診・メインテナンスを受けていただくことを条件としています。

それは、インプラント治療は外科手術で終わりではなく、患者さんの毎日のくらしの中で、共に生きていく大切な歯であるからです。あなたのインプラントが、一生ものの歯になりますように。ぜひご協力ください。

料金について詳しく知る
 

より安全な手術を実現するピエゾトーム2

ピエゾトーム2口の中にはたくさんの神経や血管が集中しており、軟組織と硬組織が近接しています。そのため、歯科・口腔外科の手術では、少しでも手術方法を誤ってしまうと、大切な神経や血管を傷つけてしまうリスクがあります。そのため、当院ではCT撮影を用いた事前の詳細な確認に合わせて、ピエゾトーム2(PIEZOTOME 2)を使った外科手術を行っています。

ピエゾトーム2とは、骨切削に特化した超音波振動による手術器具。今までの手術器具(バーによる切削)では困難であった、軟組織(粘膜、血管、神経など)を傷つけずに硬組織である骨だけを切る手術を可能にします。日本では、まだ数院にしか導入されてない最新の技術です。

当院ではCT撮影による事前確認と、ピエゾトーム2の活用により、より安全で安心できる手術環境をご提供させていただきます。

関連ページリンク

当院が選ばれる8つの理由
治療期間も短縮可能/PRGFセカンドオピニオンあなたに合ったインプラントを
リカバリ(再治療)についてインプラントとは?他の治療方法との違い
治療の流れ症例患者さんの声仲間の先生からの言葉
料金表医療費控除についてよくあるご質問

院長紹介・経歴
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラントに関するセカンドオピニオン無料

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由


コールバック予約