トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 治療期間も短縮可能/PRGF » PRGFの流れについて

PRGFの流れについて

PRGFまずは、患者さん自身から採血します。使用する量によって採血量は異なりますが、歯科・口腔外科領域では、20cc程度(多くても40cc程度)で、血液検査のときくらいの量です。この血液をPRGF用の条件に設定した遠心分離器に入れ、8分間遠心分離します。

遠心分離後の血液
PRGF一番下の赤い部分が赤血球です。その直上に一層の薄い白血球の層があります。さらにその上の黄色透明の部分が血漿になります。この血漿部分は血小板数、成長因子の濃度によって3つに分けられます。

一番下(F3)(白血球層の直上)の部分が血小板成長因子を多量に含む部分で、ここがPRGFです。一番上(F1)は末梢血液と同様の血小板数が含まれ、フィブリンの調整(膜や糊のような役割)に使用します。血小板数が多くなるにつれてフィブリンは不安定になるので、F1では安定したフィブリンになります。採取過程では、血小板は活性化されずα顆粒も無傷のまま(成長因子は放出されていない)です。アクチベーターを使用して血小板を活性化することで初めて、成長因子の分泌が始まります。

活性化したら、恒温槽で固まるまで保ちます
PRGF抜歯後に使用する場合などでは、試験管で活性化し、インプラントのような場合では、シャーレ上で活性化することによって形態を調整します。

歯科では、骨移植の際に用いられることが多いのですが、骨移植片とPRGFを混合すると、血小板を多く含んだフィブリン基質が骨粒子を閉じ込めて、使いやすくなります。

活性化するとゲル化し、固まります
PRGF活性化すると、骨の治癒や改造に重要な多数のタンパク質や成長因子が放出し、幹細胞の分裂や骨基質形成、コラーゲン形成など治癒を促進します。

また、血管新生も促進されます。最適な骨修復のためには、移植片への血管侵入は不可欠であるため、この点においても有効です。


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 治療期間も短縮可能/PRGF » PRGFの流れについて


コールバック予約