トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » インプラントとは? » インプラント治療の歴史とは?

インプラント治療の歴史とは?

インプラント治療が開始され、約40年の歳月が経過し、世界各国で、臨床応用され、それと同時にさまざまな研究がされてきました。そうしたなかで、インプラント治療に対する考え方は、大きく変化してきています。

1970年代、米国ではインプラントは、可撤性義歯(いわゆる入れ歯)が嫌な患者さんや天然歯(自分の歯)との連結した補綴物の補助的維持の手段として、ブレードタイプのインプラントや骨膜下インプラントが行われていました。当時は、インプラントと骨組織は結合しておらず、一層の軟組織が介在した状態で、わずかな動揺は許容されており、5年もてば成功、といわれていました。

一方、スウェーデンでは、1965年頃より、純チタン製の骨結合型スクリュータイプのインプラント(Branemark)が使用されており、米国よりも、厳しい基準で、高い成功率を収めていました。しかし、いずれも、非日常的治療であり、機能性と清掃性が優先され、審美性は考慮されておりませんでした。

1980年代に入ると、インプラント表面への直接的骨接触がインプラント成功の有効な要因と考えられるようになり、チタン製、シリンダー型のインプラントが主流となりました。この流れは現在まで、引き継がれていますが、当時はまだ、インプラント埋入部位に充分な骨があることが、絶対条件でした。

1990年代には、バリア膜を用いた骨造成(GBR)やサイナスリフト(上顎洞底を挙上するための骨移植)が有効な手段となり、充分な骨のない場所におけるインプラント治療が、急速に進歩しました。その後、審美性を考慮にいれたインプラントのニーズが高まり、適切な軟組織の管理やインプラント自体の開発(サイズ、形態、アバットメントシステム)がされるようになりました。このようにして、審美的インプラント治療の適用が広がり、天然歯に匹敵する審美性が追及されるようになりました。

このような流れのなかで、現在では、患者さんの満足度(QOLの向上)と根拠に基づいたインプラント治療(EBM)がテーマとなっており、治療時間を短縮する(QOLを考慮して)早期負荷システムや即時負荷のトライアルも行われています。まだ、長期の臨床成績の報告はありませんが、短期では良好な臨床成績が報告されています。

インプラント治療はこの40年の間に、非日常的で特殊な治療から、日常的なさまざまな治療のひとつとなり、われわれは、それぞれの患者さんの満足度を常に頭におき、それぞれの患者さんが、健康で、安心して過ごすことのできる口腔環境を作るための治療を選択していくことが、求められています。

さまざまな患者さんのニーズに答え、それぞれに満足のいく質の高い治療を行うためには、各専門分野(予防、歯周、歯内、補綴、口腔外科、矯正など)を総合した、多くの治療手段を持っていることが、必要であり、インプラントもその治療手段の一つであるのです。


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » インプラントとは? » インプラント治療の歴史とは?


コールバック予約