トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » インプラントとは? » インプラントのデメリットとは?

インプラントのデメリットとは?

「噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

<インプラントのデメリット>
1.外科手術が必要
インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。さらに、通常よりも精度の高いかぶせ物や上質の材料が必要となります。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。

2.治療期間が長い
治療期間が他の治療に比べて長くかかります。治療期間は最短でおおよそ4か月から半年ほどで、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす手術もおこなう場合などでは、1年以上になることがあります。

3.誰でも治療できるわけではない
誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。
 


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » インプラントとは? » インプラントのデメリットとは?


コールバック予約