トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 治療の流れ » 手術後に大切なこと

手術後に大切なこと

緻密な仮歯調整
仮歯インプラントの手術後に入れる仮歯は、ただ単に最終的な歯が入るまで審美性を保つためのものではありません。手術後の周囲軟組織(歯肉)の治癒や安定化を図り、上部構造の周囲の軟組織を予定する形態に誘導することにより、隣り合った歯や歯肉とのバランスを整え、より健康で審美的な歯肉をつくります。歯の形態を検討し調整していくことにより、審美的な歯の形態を作ります。仮歯を日常で使いながら、噛み合わせや顎の位置の微調整を行い、機能的な噛み合わせを作ります。

充分な噛み合わせの調整
インプラントと天然歯の違いは、歯根膜という組織の有無です。歯根膜は歯と歯槽骨の間にある線維組織でクッションのような役割をします。

つまり、天然歯は歯根膜があるため、噛むと動きますが、インプラントはほとんど動きません。したがって、(前述のインプラントの臨床的意義でも触れたように)インプラントと天然歯がある場合、どちらも同じように噛み合わせを調整してしまうと、患者さんが強い力で噛み締めた時、インプラントのみに過重負担がかかり、骨の吸収や上部構造の破損、対合歯(インプラントと噛み合わさる歯)のトラブルなどをまねきます。このため、充分な噛み合わせの調整が重要になります。

メインテナンス
インプラント治療の成功は長期に渡りその状態を維持することです。インプラントをできるだけ良い状態で長持ちさせるためには、いくつかの大切な条件があります。

・日常のブラッシング
適切なブラッシングができず、インプラント周囲に汚れが付着してしまったり、粘膜が傷ついたりするとご自分の歯と同様に感染し、炎症を起こしてインプラントがゆらいだり、抜け落ちてしまうことがあります。周囲の歯の炎症によって、インプラントに影響がでることもありますので、適切なブラッシングが重要です。

・生活習慣
喫煙、歯ぎしりや噛み締め、くいしばりなど、習慣や癖がインプラントに悪影響を及ぼすことがあります。術前に確認された方は、事前に治療や指導を行ってコントロールしていきますが、術後にもこのチェックが必要です。必要に応じて、ナイトガードを使用することがあります。

・噛み合わせ
人工歯の装着時にも、充分な調整を行いますが、色々な状況で変化する場合がありますので、定期的なチェックと調整が必要です。噛み合わせの力は、想像以上に大きく、へんな力がインプラントにかかっていると、骨が吸収したり、上部構造が破損する場合があります。

このようなことを、チェックし、再確認、再指導をしていくために、3ヶ月~6ヶ月に1度のメインテナンスが必要です。


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 治療の流れ » 手術後に大切なこと


コールバック予約